Home > 仕事内容のご紹介 > 一日の作業の基本的な流れ

このページでは私たちがその日その日に行っている一日の作業の基本的な流れを紹介します。

※ここで紹介している写真は水道管の布設工事の写真を使っています。

現場へ移動

会社から社用車(工作車、ダンプ2台)に、運転席と助手席へそれぞれ乗って現場へ向かいます。

(工作車には使用する道具が載せてあり、ダンプには現場で発生したアスファルトガラ、土などを乗せます。)

車両

 

 

準備をする

現場に到着したら、セーフティコーンで工事範囲を区画したり、片側交互通行などの工事標識看板を設置したり、

使用する道具を出しておいたりします。

準備

これらの準備が終わったら、実際の作業に入っていきます。

 

 

舗装をめくる

ここからは、『道路工事の基本的な流れ』でも紹介した作業になっていきますが、

舗装をめくるところから、一日の本格的な作業が始まります。

舗装めくり

また、重機でめくった舗装は、ダンプに載せて仮置き場、もしくは処理場まで運搬します。

運搬

 

 

地面を掘る

舗装をめくって出てきた地面をほります。

掘削

これらの掘った土もまた、ダンプに載せて仮置き場や処理場まで運搬します。

運搬

 

 

管の設置

決められた深さまで掘削ができたら、管を設置します。

設置

 

 

埋める

管を設置したら、地面まで砕石で埋め戻し、機械で締め固めます。

深さが深いため、何層にも分けて締固めを行います。

埋め戻し

埋戻しに使用する砕石

砕石

 

 

舗装

既定の深さまで埋め終われば、その上を舗装します。

(私たちが行う舗装はあくまでも仮のもので、後日正式な舗装が別の会社さんが行います。)

舗装

 

後片付け、帰社

舗装が終われば、看板や道具を片付けて、現場を綺麗にして会社へ帰ります。

 

以上が一日の作業の基本的な流れです。